兵庫県人発!管理人的神戸かんたんガイド・・・全国旅行宿泊ガイド…【インターネット広告館】】
ホテル・旅館リアルタイム空室確認

兵庫県人発!管理人的神戸かんたんガイド


開港150年を迎えたこともあり、神戸を訪れてみようとお考えの方も多いようですが、初めて神戸に行ってみようと思われた方に向けて兵庫県人の立場からわかりやすい神戸かんたんガイドを作ってみました。ご参考にどうぞ。

開港150年を迎えた神戸港の夜景


>インターネット広告館>>全国旅行宿泊予約ガイド>>兵庫県人発!管理人的神戸かんたんガイド

初めて神戸に来られる方に…管理人的神戸かんたんガイド


もともと港「神戸」や「六甲山」の夜景などでとして人気の高い神戸ですが、2016年にNHKの朝ドラ「べっぴんさん」の舞台となったことと、今年(2017年)は神戸港開港150年となっていることもあって、神戸を訪れる方が多くなっているようです。

さて、神戸に行ってみようか?と思われたとして、ネットからの情報も数多く、さまざまな情報を得ることが出来ると思いますが、神戸を訪れてもどこに行けば良いのか・・・?と迷う方もおられるでしょう。

そこでここでは管理人の視点から神戸についてのガイドプランを掲載してみたいと思います。

神戸といえどもわずかな日数ですべてを楽しむことは出来ません。ここでは初めて神戸を訪れようという方を対象にして、おさえておきたいポイント情報を提供してみましょう。


神戸市内中心部


神戸の夜景といえば六甲山か摩耶山と相場が決まっていますが、ちょっと手軽に夜景を楽しむならということで紹介することが多いスポットの一つが「布引ハーブ園・神戸布引ロープウェイ」。

JR新神戸駅の北に位置し、山から神戸市内が一望出来、下りる時にはロープウェイからの景色が抜群。ハーブ園内のショップでもちょっとオシャレなグッズなども販売されていますし、もし昼食がまだならハーブ主体のランチが出るレストランもあります。

神戸布引ロープウェイからの見晴らし
画像はGoogleストリートビューからの引用です

ロープウェイの料金はハーブ園の入場料込みで往復大人1名1,400円。

詳細は、布引ハーブ園のサイトから


布引ハーブ園から下りて来て、ロープウェイ出口から通路を通って南に出ると、そこは有名な異人館通りに繋がる道になります。

右に進むと異人館通りを西に進むこととなりいろいろな有名スポットを訪ねることが出来ます。

異人館通りの情報はここから(異人館ネット)

※異人館マップから、風見鶏の館、うろこの家・うろこ美術館、北野外国人倶楽部、神戸北野美術館、ザ・テディベアミュージアムなど有名どころのスポット、各施設の入場料などすべてがわかります。

異人館通りの北にある、北野天満宮の境内からの景色はこのようになります。

神戸北野天満宮からの景色
右手上にポートタワー、オークラ神戸、その先にメリケンパークオリエンタルが見えます


異人館通りを一通り回ってもそう時間はかからないので、見て回ったあとは元気があればトアロードか北野坂を三宮まで歩いて下っても良いでしよう。下り坂なので楽に歩けるでしよう。ゆっくり歩いても30分はかからないと思います。

三宮近くまで来たらちょっと喫茶店で休憩も良いでしょう。JRと阪急電鉄のガードをくぐると少し雰囲気が変わり、旧居留区あたりになります。現在はビジネス街という趣ですが、落ち着いた雰囲気を味わえるでしょう。

トアロードを下って三宮センター街の西に出て、南に少し下ると「大丸神戸店」に出ますが、その西側に「南京町」があります。

南京町にはいろんな店が軒を連ねているので冷やかしながら見て回るにはもってこいです。神戸の南京町はさほど広くないので手軽に回れます。

神戸南京町(中華街)情報はここから(南京町Webサイト)

ストリートパフォーマーなども居たりすることもあり、また手軽に本格中華を楽しむにはもってこいといえるでしょう。

この南京町のすぐ北側にあたる、「元町商店街」の中に「べっぴんさん」のモデルになっている子供服店の「ファミリア」があります。神戸のみならず阪神間でも昔から人気の店ですが、高価なこともありそうしょっちゅう買うことは出来ません(笑)
しかし店の中に入ってしまうと、ついつい・・・(笑)

ファミリア本店
画像はGoogleストリートビューからの引用です

南京町から少し南に下ると、そこはもう神戸港。メリケンパークの入口部分に、ポートタワーがあります。

地元に居ると滅多に行くことはないのですが、たまに行くと面白い。回転展望台でお茶でも飲みながらぐるりと一周すれば360度ポートタワーからの景色が楽しめます。メリケンパーク近くに宿をとっておられたらすぐに行けます。

ポートタワーの入場料は大人1名700円。

もう一つの夜景ポイントとして、海側から見る夜景があります。

神戸空港にあるデッキや、3階にある飲食店など、あるいは海に近いホテルなどからでも夜景を楽しむことが出来ますが、なんといってもおすすめは海上からの見る夜景。六甲山や摩耶山などの山側から見る夜景とは趣の違うものでこれもおすすめです。

海からの夜景といえばルミナスやコンチェルトなどいくつかの神戸港クルーズがあります。


神戸港クルーズ


神戸空港沖周遊と明石海峡大橋周遊のクルーズで、船上から夜景を眺めるというのもいいものです。冬でもちょっとぐらい寒いのは我慢、相手によっては寒さも吹っ飛ぶでしょう。

夏の神戸花火大会や、冬のルミナリエ期間は増便や企画船もあります。

ランチクルーズからサンセットクルーズ、ディナークルーズなどがあり、おすすめです。

一つは、コンチェルト

ランチ、ティー、ディナークルーズといろいろなプランが用意されています。ここは、一休.comレストランから予約も可能です。


神戸港にはもう一つ、ルミナス神戸という船もあります。
ルミナス神戸2サイトから


クルーズもいいが、食事は船ではなくどこかで・・・とお考えの場合は下記のリンクからいろいろな店を探すことが出来ます。


管理人的兵庫うまいもん情報はここから


神戸中心部観光のおすすめ!


神戸中心部を観光するにあたって、神戸は南北に勾配があるものの範囲は狭いと言ってもすべてを歩くわけにもいきません。そこで便利でお得なのが「シティループ」というバスの運行です。

異人館のある有名な北野から旧居留地、南京町、メリケンパークなど主要スポットを巡るバスで、1巡で約1時間あまり。一日乗車券(大人660円(中学生以上)・小人330円(小学生以下))を買うと乗り放題、乗り降り自由になります。

神戸シティループ・ルートマップ
※マップ画像は神戸シティループからの引用です

シティ・ループ公式サイトはここから


周辺飲食店情報

神戸で食事をとりたいとお考えの方は、ネットからの予約も出来、確実に席を確保出来る飲食店予約サイトが便利です。限定プランやクーポンなどがありますので要チェックでしょう。



一休.comレストラン

三宮・元町北野・新神戸メリケン・ハーバーエリアポートアイランド・六甲アイランド六甲山・三田須磨・垂水・舞子


ホットペッパー

神戸中心部須磨・垂水・西区・兵庫・長田灘・東灘


神戸といえば有馬温泉でしょ!とおっしゃる方は、

管理人的有馬温泉ガイドや、有馬温泉・主要旅館・ホテル空室状況をどうぞ!


最後にもう一つ、神戸では六甲山に行くにしても、須磨浦のシーサイドに出かけるにしても、あるいはハーバーハイウェイなどからの景色を愉しんでいただきたいと思いますが、こういう時にやはりクルマがあると便利です。

レンタカーを借りるにはちょっと面倒という時に便利なのが、カーシェアリングのタイムズでしょう。
市内中心部で宿泊されたなら、必ず近くにシェアリング用の車両がセットされたコインパーキングがあると思います。ちょっと2~3時間とか、あるいは5~6時間借りようという時にはガソリン代込みと費用も安く役に立つと思います。

タイムズのカーシェアリングについてはここに簡単に書いています。参考までに。

神戸主要ホテル空室状況が一目で確認出来るページはここから




注:当サイトに掲載している情報は、予告なしに変更されることがあります。



スポンサーリンク


SNSを利用されている方で、このページの記事が役に立つと思われたらシェアしていただけるとありがたいです。


■ 関連コンテンツ



■ 提携サイト










楽天トラベル株式会社








■ スポンサーリンク


ページのトップへ戻る